未経験OKの求人での志望動機の書き方

未経験OKとなっている介護の求人に応募した場合には、まず履歴書への志望動機の書き方が、重要なポイントになります。未経験OKの求人だからといって、採用の難易度が低くなるわけではありません。むしろ介護職の経験がない分、それをカバーするためのアピールが必要になります。この点、未経験者の志望動機でよくありがちなのが、精神論に終始してしまうこと。確かに介護職では、思いやりや優しさあるいは忍耐力など、精神的な部分も大きな要素になります。しかしそれを裏付けるような事実がなければ、採用者側を十分に説得することはできません。

例えば、介護と関連する資格があるだけでも、必要最低限の知識や技能を証明することができます。また応募の時点で資格がなくても、資格スクールに通っていることや、独学で勉強中である事実をアピールすることで、志望動機の裏付けにはなります。さらにこれまでの職務経験の中から、介護職で求められる要素を抽出して、それを志望動機でアピールするのも有効です。営業職や接客業の経験があるのならば、介護職で必要になるコミュニケーション能力や、人に寄り添う気持ちの高さをアピールすることも可能です。あるいは肉体労働に従事していた経験でも、採用者側には好評価になるケースさえあります。介護職の仕事においては、食事から入浴さらに排せつに至るまで、介助をする際には健康で強い肉体が求められるからです。いずれにしても志望動機の記入には、未経験であることをカバーできるような、説得力のある事実や根拠が必要になります。